この記事は約 4 分で読めます

皆様、家スロ楽しんでますか?
以前もサミーのウェッジ球をLEDに変えてみる記事を書いたのですが、
過去記事①→「【保存版】サミーリールLED化の件【ウェッジ球】
過去記事②→「【保存版】サミーリールLED化の件【リール丸ごと】
以前の記事よりも簡単に安くLED基板を自作する方法がありましたので、新しくご紹介したいと思います。

必要な物

・CRLED
・拡散キャップ

・はんだ、はんだごて
・カッター
以上です。

基本的には、はんだ付けができる事を前提にしています。
不安のある方にはコチラの本をオススメしておきます。


図解が多くて分かりやすいですよ。
電子工作には必須ですので、自作したい方はしっかり習得しておきましょう。

今回の作成の肝となるのが「CRLED」です。
以前はLEDの間に抵抗やらダイオードやらを入れて作成していたのですが、このCRLEDは定電流を流す部品が組み込まれているので、抵抗の計算無しでも使用できるらしいです。
これは便利!

CRLEDと拡散キャップはコチラで購入しました。
LED 通販 エルパラさん
CRLED 1個38円
拡散キャップ 5mm用 1個15円
※価格は2018/05/24現在

1台分を作成するのに、LED・キャップ共に18個ずつ必要なので、合計で956円。
定形外郵便であれば 送料は140円程度なので
はんだごてやカッターがあれば、1,000円ちょっとにて作成が可能となります。
リールに使えるCDLEDは「白色」と「電球色」があるのですが、見え方については後述します。

作成手順

では、早速いきましょう。
基板はリールに付いている物を使用して、それに直接LEDをくっつけていきます。
まずはリールから電球基板を外しましょう。この辺は大丈夫かと思いますので、外し方などは省略しますよ。

外したら、電球も全部取ってしまいましょう。

この電球は使用しないので、捨ててもいいですし、いざと言う時の為に保管しておいても良いかと思います。

さて、ここからが本番ですよ。

基板の、電球が付いていた部分の上下を削って胴の部分を出しましょう。
カッターの裏側でカリカリ削ると楽ですよ。
はんだが乗りやすいように、広めに削っておくと良いです。
削りすぎると胴の部分まで取れてしまうので注意です。

全部削ったら、今削った部分に はんだを乗せてあげましょう。
こんな感じ。

そしたら、そこにLEDを付けます。
これには極性があるので注意です。
プラス側とマイナス側を間違えないように気をつけて下さい。

LEDを全部付けたらこうなりますね。

そうしたら、最後に拡散キャップを付けてあげましょう。
この拡散キャップがないと、わりと大変な事になります。これも後述しますね。

作成自体は、これで終了です。
あとは、リールに取り付けるだけです。
光らない場合は、大概はんだ付けが甘い場合かと思いますので 確認してみましょう。

白色と電球色の違い

CRLEDには、白色と電球色があります。
電球色の方がウェッジ球の暖かみのある色合いに近く、白色の場合は引き締まった感じになります。
実際画像を見てもらった方が早いですね。
北斗の拳(4号機)

左からウェッジ球・電球色・白色です。
違いが分かりますかね?
いくつかの図柄もアップにして並べてみましょう。
(7図柄)

(北斗図柄)

(JAC図柄)

右に行くにつれて、青白くなっているのが分かりますね。

ウェッジ球と同じような色合いを好むなら電球色、
キリッと引き締まった感じを好むなら白色でしょうか。
この辺は自分の好みで選んで下さい。
実際に見るともう少し色味が違ったりするので、余裕があれば両方とも作成してみるのが一番です。

一応、完成形を動画でもご紹介しときます。

拡散キャップは必須

実は最初、拡散キャップ無しで作成したんですよ。
そしたら、光が強すぎて、こうなりまして。

分かりますかね?
光が直線的すぎるので、リール回っているとハッキリ電球の光が見えてしまうんですよ。
動画の方が分かりやすいかな。

さすがに、遊戯するには光が邪魔になりますね。
なので、拡散キャップは付けておきましょう。

まとめ

サミーのウェッジ球仕様の台は、初代北斗やエウレカ、ツインエンジェルやロデオのモンハンなど、今でも家スロで好まれる台も多いので、
電球切れのリスクの少ないLEDに変えてしまうのも良いかと思います。
はんだごてが使える技術があればできますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

※LED基板で遊戯していても、今の所これと言った不具合は見られませんが、作成・使用は自己責任でお願いします。

ちなみに、販売部では上記LEDを使用した完成基板を取り扱っております。

サミー用リールLED基板【白色】

サミー用リールLED基板【電球色】

それぞれ3枚セットの1台分で2,090円(送料別)となっておりますので、作成が面倒な方は是非ご利用下さいませ。

** はんだごて本体は **


** 温度調節できるのが便利ですよ **

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る