この記事は約 2 分で読めます

皆様、ごきげんよう。

6年前位に以前書いた記事なのですが、
未だにアクセスがちょいちょいあるので、少しまとめてみました。
部品など古い部分もあるかと思いますので、随時修正・追記していこうと思います。

サミー系リールのウェッジ球のLED化。

とりあえず、外してみました図。

で、電気の流れを測ってみたら

こんな感じ。
各電球に12Vくらい流れているようで。

で、誰かやってないかと思って調べたら
ヤフー知恵袋で、それっぽい質問と回答がありました。

Yahoo知恵袋=ムギ球をLEDに変えてみたい

ので、これをそのまま使わせてもらおうと思います。

材料は、

・超高輝度LED白色3mm OSWT3166B 100個入  1袋   ¥900
・定電流ダイオード(15ma)E-153      50本  ¥1,500
・片面紙エポキシ・ユニバーサル基板(155x115mm)  3枚  ¥1,200

を秋月電子で注文。
たぶん、ユニバーサル基板 1枚で3枚(1台分)作れますかね。

1台分を作るとすると、LED18個、ダイオード9本、基板1枚で
だいたい 1,050円くらいでできそうです(送料など別で)
ダイオードを抵抗などにすれば、もっと安くできそうですが、今回は まぁ。

さっそく作ってみましょう。
参考にしてるのはこれです。
Yahoo知恵袋=ムギ球をLEDに変えてみたい
ここの回答者さんの図解のように作ってっみた結果…

表面

配線的には、こんな感じに。

裏面

見にくく 分かりにくいですが、こんな感じに。
そして、よく考えたらリールに接続するコネクタも必要でした。
(裏面・左上の白いヤツ)

今回は基板ごと変えるので、外したウェッジ球用の基板のやつを外して付けましたが。
基板の左下が変に欠けているのは、気にしない方向で。
配線も雑ですが、気にしない方向で。

LEDさえ無事ならいいんです。見えなくなる部分ですのでね…。

で、さっそく動作チェックを。

おー、バッチリですねー。

まぶしくギラギラと光っております。

リールに元通りにセットして完了です。

比較すると、LEDの方がキリッとしてますね。
いくぶん、力石の男前度も上がっている感じです。

一応、1日ぶんぶんぶん回し続けましたが、特に異常は見られませんでした。
サミーはLEDタイプのリールユニットと交換するのも手っ取り早いですが、
手間暇かけて、お金をかけたくない方は、作ってみるのもいいんじゃないかと。
はんだごてとやる気さえあれば出来ますので。

※記事内の改造は自己責任でお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る